2017年 8月4日更新

注目度No.1【イルミナカラー】のメリット・デメリットまとめ!色落ちや白髪は?

2017年のトレンドカラーとして今話題沸騰中でもあるイルミナカラーとは、従来のヘアカラーよりも透明感を出せると人気になっているものです。しかし、カラー独特の色落ちなどのデメリットを心配する方もいます。白髪にも使えるのか気になるところですから使い方やメリット・デメリットなどについてもお届けしていきます。

  1. 目次
  2. イルミナカラーとは?
  3. イルミナカラーをするメリットは?
  4. 反対にデメリットとは?
  5. イルミナカラーの使い方とは?
  6. イルミナカラーに挑戦して透明感のある髪質を手に入れよう!

イルミナカラーとは?

2017年に入り、従来のカラー剤とは一味違うとスポットを浴びているイルミナカラーとは、ウエラ(WELLA)が開発を手掛けた今までの常識を覆すカラー剤のことを指します。現在では美容室などのサロンでも扱っているところも出始めたため、イルミナカラーを体験しようと多くの方がカラーを試しています。

イルミナカラーの特徴

イルミナカラーの持ち味は傷みやすいカラー剤の常識を覆す、サラサラの髪になれることにあります。透明感と輝きを与えるイルミナカラーを使って髪を染めれば痛みの少ない今時トレンドヘアになれるということです。

白髪にも使える?

白髪染めでカラーを行っていくと黒い部分が目立つ傾向にありますが、イルミナカラーは白髪染めと比較すると明るめに色を入れていくことができるため、白髪が伸びてもナチュラルで明るめ、そして目立たないような色合いにしてくれるのです。

イルミナカラーをするメリットは?

イルミナカラーがなぜここまで注目され、満足感を顧客から得られているのかというと、その秘訣は3つあります。一般的なカラー剤を使用しなければいけない白髪の方にはダメージが大きく、もともと髪の色が外国人のような透明感のあるアッシュにするにはブリーチをしなければいけなかった常識を塗り替えるカラー剤としての働きは使ってみたくなる理由がありました。

カラー剤としての役割と色味

イルミナカラーのメリットと感じられる部分にはまず一つ目にカラー剤としての役割とダメージが起こりにくい点にあります。通常のカラー剤はキューティクルを傷つけ、髪のダメージは避けられませんでしたが、イルミナカラーはそんな髪にかかるダメージを減少し、ツヤや輝きのあるヘアを実現してくれます。

二つ目は日本人の髪質の問題で、カラーの色味を外国人のような透明感のある色味が出せるところにあります。日本人のもともとの色ではアッシュなどの色を出す時に色が入りづらいため、まずブリーチをしてからアッシュなどの色を入れていたのですが、その方法ではブリーチ+アッシュのカラー剤の二重で負担がかかるために髪へのダメージも懸念されていました。

そんなダメージのかかるカラー剤ではなく、できるだけキューティクルを傷つけずに透明感のある色が入る点は髪にダメージを負いたくない方にとってはまさに救世主のような存在でしょう。

3つ目のメリットは色落ちしにくいこと

一般的なカラー剤は着色した後に日が経つにつれて色落ちが気になっていましたが、イルミナカラーのメリット3つ目はそんな色落ちの心配がないということです。カラーをした後に色落ちしていてはまた再度カラーをしなければならず、コスト面でも良くありませんでしたが、イルミナカラーは髪の表面のキューティクルに付くと色落ちの原因となる金属イオンからカラーを死守してくれる働きがあるため、色落ちしやすく、髪が痛んでいる方にもおすすめのカラー剤なのです。

反対にデメリットとは?

メリットだらけに感じるイルミナカラーですが、果たしてデメリットはあるのでしょうか?髪に良いことばかりがメリットではなく、良いことが反対にデメリットとなってしまうこともあるのです。

高額な料金

イルミナカラーは人気があり、そのメリットの多さゆえにカラーを行う方も増えてきましたが、敢えてデメリットを挙げるとすれば、それは金額でしょう。サロンにもよりますが、比較してみると一般的なカラーのみで施術を行った場合は3000~6000円程度ですが、イルミナカラーは性能の高さもあり、施術料金は10,000円にもなる場合があります。

場所によっては扱い店が見つからないことも

イルミナカラーのデメリットとして挙げられるもう一つの要因には、扱っているサロンを見つけられず、イルミナカラーが行えない場合があります。カラー剤としては新しいタイプのものとなりますから、検索してみても遠いサロンのみにあったりと、いつでもどこでも、という訳にはいかないこともあります。

イルミナカラーの使い方とは?

大人気のイルミナカラーから出ている色には、オーキッドやオーシャン、ヌード、サファリ、コーラル、フォトレスト、トワイライトの7色のバリエーションがありますが、この中で人気色なのはオーシャンです。海のような輝きと透明感は人気が出るのも納得ですが、そんなイルミナカラーをセルフで使った際の使い方をご紹介していきます。

一番人気!オーシャンの色別は6~12

イルミナカラーのシリーズの中で最も人気なイルミナカラーのオーシャンには色味の違う6~12までがあります。明るさは数字が増えるほど明るくなるため、理想としている色をイメージしながら使っていくと良いでしょう。イルミナカラーを使う際はオーシャンだけではなく、他の色とも併用することができます。

セルフカラーでの使い方

イルミナカラーをセルフで使う場合は、まず髪を濡れた状態にしておきます。カラーで汚れないようにタオルを首元に巻くことも忘れないようにしましょう。その後、お好みの色に配色した後はハケを使わずに手袋を付けた手でカラー剤を頭全体に塗布、馴染ませていき、色味を確認しながら髪に色を染み込ませていくのがイルミナカラーをセルフで使う方法の一つです。

しかし、イルミナカラーは色を入れてから少し時間がかかり、塗り方によってはムラになることも多いカラー剤ですので、なるべくならサロンで施術を行うようにしましょう。

イルミナカラーに挑戦して透明感のある髪質を手に入れよう!

髪はダメージを受ける要因がたくさんあり、カラー剤ももちろん負担のかかるものです。好きな色やなりたい色が明るければそれだけ理想の色を入れることは大変ですから、イルミナカラーがあるサロンを探ってみるのも良いでしょう。ナチュラル毛質は女性の憧れですから、是非2017年のトレンドカラー剤を試してみてくださいね。

▽こちらも併せて
メラノサイト活性化で白髪撃退!黒髪を増やす方法や対策とは